未経験から介護のお仕事を始めたけれど、将来はどんなキャリアを積めるのだろう?と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。介護の仕事では、はじめは資格を持っていなくても、実務経験を積むことで色々な資格を取ることができます。その中でも、介護士3年目以降に取得できる介護福祉士は、多くの人が取得を目指しています。未経験・無資格から介護福祉士の取得までの流れと、その後のキャリアパスについてご紹介します。

介護福祉士は介護の専門職がもつ国家資格

そもそも、介護福祉士とはどのような資格なのでしょうか。介護福祉士は、日本の福祉系の国家資格の一つです。その中で、介護を専門とする資格は介護福祉士だけ。介護福祉士は、介護の専門職であることを示す唯一の国家資格といえます。 介護福祉士を持っていると、全国どこへ行っても介護の専門性を持つ人であると認められます。介護士として就職する時にも、有利に就職できます。いい条件の職場に就職しやすいことはもちろん、介護福祉士は資格手当や処遇改善加算の対象になることが多いので収入アップがのぞめます。 介護の仕事を長年続けていくなら、できれば持っておきたい資格です。専門学校や福祉系の大学で介護福祉士を取得した後に介護士になる方もたくさんいます。

ヘルパー2級や無資格の人は3年目が重要

介護福祉士は、未経験や無資格からでも取得することができる資格です。専門の学校を卒業しなければ取得できないわけではありません。経験年数を積むなどして受験資格を得た後、国家試験を突破すれば取得できます。 介護系の資格が全くない人なら、3年の実務経験を積み、6か月以上の実務者研修を受講すれば介護福祉士の受験資格を得ることができます。3年目の終わりに国家資格を受験して4年目には介護福祉士を取得しているのが最短ルートになります。 ちなみに、実務者研修は仕事をしながら受講することができます。3年の間に転職したとしても、就業期間は合算できます。介護士の仕事を3年以上やっている方は、受験できる可能性があります。受験資格の詳細は、社会福祉振興・試験センターのホームページから確認できます。ヘルパー2級を取得している方は、受験内容や実務者研修で免除がある場合もあります。

3年で介護福祉士は介護のキャリアパスの王道 仕事の選択肢が広がる

介護の仕事を始めた人は、まずは3年続けて介護福祉士を目指すことが多いです。介護福祉士は、介護の仕事で得た経験を証明するためのチャレンジと考えてもよいでしょう。 介護福祉士を取得した後は、資格が無い時よりも将来の選択肢が広がります。サービス管理責任者や、介護施設のユニットリーダなど、ケアチームの中心的な役割を担うリーダー職に就いて介護の道を極める方もいます。さらに経験を積んだ後に、他の資格を取得する方もいます。 特にケアマネージャーは、介護福祉士の次に取得する資格として目指されることが多い資格です。介護の専門知識をさらに深めるために受験する方はもちろんのこと、介護士からケアマネージャーに転職し、介護実務の専門職から介護相談の専門職に鞍替えする方もいます。 介護福祉士は、介護について専門的な知識と技術があることを証明する資格です。取得には実務経験・実務者研修・国家試験といった条件があり、決して簡単な資格とはいえません。でも、だからこそ、取得後は介護の仕事に色々な可能性が広がります。

介護福祉士は、未経験や無資格からでも取得することができる国家資格です。介護士の仕事を続ける上での、一つの目標としてみてはいかがでしょうか。数年ごとに受験資格が変わっていますので、受験を考える方はまず受験資格を確認してみてください。