介護福祉士は、介護のプロを認定する国家資格。介護士として働く人の多くが、介護福祉士の取得を目指します。ですが、資格を取得した後の展開はあまり知られていません。「介護福祉士を取得したはいいけれど、今後のキャリアアップの道すじがイメージできない」という方もいるのではないでしょうか。そこで、介護福祉士を取得した後に受けられる様々なステップアップ研修と、リーダー職を目指す人におすすめのファーストステップ研修についてまとめました。

介護福祉士が受けられるステップアップ研修は豊富

介護福祉士は国家資格ですが、取得してしまえばそれで終わりというものではありません。むしろ、介護のプロとして様々なステップアップ研修を受けることができます。

例えば、喀痰吸引等研修を受講すると、吸引器を使った痰の吸引ケアができるようになります。通常、介護士は痰を吸引器で除去するケアはできませんが、研修を受講することでそれが可能になります。喀痰吸引等研修は、介護福祉士ができるケアの幅を広げてくれるステップアップ研修です。

介護福祉士としての専門性を、さらに磨くための研修もあります。例えば、行動援護・同行援護・ガイドヘルパーなどの研修は、障害者の介護に特化した研修です。高齢者だけでなく、障害者の介護にも通じたエキスパートを目指すことができます。

他の資格を取得するための研修もあります。例えば、ケアマネージャー、社会福祉士を取得するための資格講座です。介護福祉士として働く人の中には、介護経験を生かして別の職種に転職したいと考える方もいます。ケアマネージャーや社会福祉士を取得していると、介護にかかわる相談職として働きやすくなります。どちらも研修のみで取得できる資格ではありませんが、介護士以外の仕事にステップアップを目指す方は視野に入れてもよい研修です。

ファーストステップ研修はリーダー職を育てるための研修

介護福祉士として仕事をし続けながら、キャリアアップしたい方におすすめなのがファーストステップ研修です。ファーストステップ研修は、リーダー職を目指す介護福祉士のための研修です。全国社会福祉協議会や介護福祉士会などが中心になって開催しています。

研修の受講対象は、介護福祉士の経験が2年程度の人。介護福祉士として熟練し始めた人を、ケアチームの次世代リーダーとして育成するのが目的になっています。研修内容は一般的には、ワークシートなどの事前課題・研修当日の講義とグループワーク・レポートなどの事後課題が実施されます。統一のテキストなどは無いので、実際に教わる中身は実施する機関によって違っているようです。

この研修を受講すると、リーダー職を務めるための基本的な知識を持つ人材と認められます。将来、ユニットリーダーやサービス提供責任者などの役職につながっていくことが多いです。有望な若手にファーストステップ研修を受講させる事業所もあります。職場でファーストステップ研修を勧められたら、ぜひ受講することをおすすめします。

介護福祉士取得後は研修でステップアップしよう

介護福祉士の取得は介護の専門家の第一歩。そこから色々な道が広がっています。積極的に研修を受講することで介護福祉士としてステップアップしていくことが可能です。業務や自分の専門性の幅を広げる研修や他の資格を視野に入れた研修など、さまざまな研修が用意されています。介護福祉士として働き続けたいと考えるなら、ファーストステップ研修が特におすすめです。リーダー職やサービス提供責任者として、ケアチームをまとめる存在にキャリアアップしていきましょう!